歯のホワイトニングをしてもキレイにならなかったという人がいるのはなぜ?白く輝く歯になれない理由はいくつかの原因が隠れていました

      2018/04/08

歯の色の比較
白く輝く歯を手れたくてホワイトニングする人が多くなってきました。

芸能人は白くてきれいな歯の人が多いですし、芸能人ではなくても美容に関心がある人にはホワイトニングを希望する人が多いのです。
やはりキレイな歯の持ち主は魅力的ですからね。
真っ白な歯は清潔で美しいイメージがあることは言うまでもありません。

そこでキレイな歯を求めてホワイトニングに挑戦してみる人も多いのですが、歯が思った程白くならなかったという人も出てきています。
それは一体なぜなのでしょうか?
ここでは歯のホワイトニング効果が今ひとつだった人の原因について探ってみました。

歯をホワイトニングしても白くならに原因はいくつかあります。
それは歯の神経が死んでしまっていることが考えられます。歯の神経が死んでしまうと代謝が正常に行われなくなり、ホワイトニング効果も発揮されません。

また、服用したことのある抗生物質が原因で歯が変色してしまう場合もあります。
これは歯の表面が着色されてなっているのではなく、内部が変色してしまっているので歯の表面を白くするホワイトニングでは改善させるのは難しいのです。

また、歯の表面のエナメル質が溶かされて歯の中にある象牙質特有の黄色みが透けて見える場合もホワイトニングでは効果がありません。

また、年齢を重ねることによって象牙質の色は濃くなりがちで、加齢による黄ばみはホワイトニングで白くならないのです。

他には歯のつめものが金属である場合に、金属が歯にしみて着色してしまう場合もホワイトニングがうまくいきません。

歯は意外と人に見られていることを知っていましたか?会話するときに見える歯が汚かったり歯茎の血色が悪いと異性から嫌われてしまうかも!

キレイな洋服を着てメイクもばっちりにすれば美しくてモテる女性になれると思いますよね。
ですが、それは大きな間違いです。

いくらきれいな身だしなみにしていても、歯が汚いと駄目です。歯が汚なければ全てが台無しになるのです。
歯が汚いことは会話中に丸見えで、不潔感が感じられると当然好感度は下がってしまいます。
逆に歯が白く輝いて歯並びも良ければ爽やかで良い印象を与えてくれますよね。

歯並びが悪い女性にはあまり近づきたくないと考える男性は多いです。
男性から物理的に距離を置かれてしまうのは結構辛いものですね。

また、歯がタバコやコーヒーなどの着色汚れが付いているのもいけません。
口を開いたら歯が黄ばんでいるなんて印象は悪くなって当然ですよね。
また、歯茎も血色が悪いことも意外と目につくようです。

ですから、歯をキレイにすること、口の中のケアは怠ってはいけないのです。
ではどうすれば良いのかというと、歯の矯正をすることです。
歯の矯正をするだけで、笑顔が素敵な女性になることができます。

歯のホワイトニングもキレイに見せるには大切です。歯並びが多少悪くても気にしないという男性もいますが、歯が黄ばんでいるのはさすがに嫌だと思うみたいですね。

ですから、ホワイトニングだけはでもしておきたいところです。

ホワイトニング施術終了後

ホワイトニングするお金がないなら、せめて市販のホワイトニング効果のある歯磨き粉を使うことで改善することが可能です。
きれいな口の中にして、好感度をアップさせたいですね。

 - ホワイトニング