今直ぐ出来る、自宅で出来るホワイトニングケア方法とは?

      2018/04/08

真っ白の歯
ホワイトニングと言えば、高額なイメージはありませんか?今回説明するのは自宅で出来る簡単なホワイトニング方法を紹介していきます。

まず1つ目が歯のマニキュア使った方法です。
マニキュアは根本的に白くするわけではありませんが、塗料を歯の表面に塗り白くしていく歯のマニキュアであれば、その場で白くする事が出来ます。
例えば銀歯や差し歯、神経のない歯など、ホワイトニングで白く出来ない歯でも上から色を乗せることで歯の色を白く出来るのが特徴です。

次は美白効果のある歯磨き粉を使うやり方です。自宅で行う方法としてはとても簡単で手軽なものです。ホワイトニング薬剤などと比べると、安全面を配慮してあまり強い成分は入れられないので白くなるまで時間がかかります。もし市販の歯磨き粉を選ぶなら、ピロリン酸Naなど、汚れを浮かせて洗い流す作用のある成分が配合されたものを選びましょう。

また歯磨き粉がいらない、水流洗浄の電動歯ブラシであれば歯の細かい凹凸や歯の隙間、歯茎の間などを綺麗に出来ます。
歯ブラシの毛先が細かいものよりもっと狭い場所に入りコンで汚れを落としてくれるのがメリットです。
その洗浄力の高さから歯磨き粉も不要です。また虫歯や歯周病の予防にもなります。

さらに歯ごたえの良い物を食べてホワイトニングする方法もあります。
リンゴやセロリ、ニンジンなどの生野菜や果物に含まれる食物繊維は、自然の研磨剤としてエナメル質を傷つけずに、歯の汚れを落としてくれます。
また、リンゴは歯を綺麗にするリンゴさんは含まれるスーパーフルーツです。歯垢や着色がつく予防効果も期待出来ます。

今話題のLEDホワイトニングとはどんな仕組みなのか?

海外セレブたちの間でも人気のLEDホワイトニング。海外ではコストが掛からず誰でも知ってるくらい有名なものです。
そこで今回はLEDホワイトニングの仕組みについて紹介していきましょう。

LEDホワイトニングの一例

まずホワイトニングとは歯のエナメル質にもともと含まれている色素を分解することによって、歯の輝度をアップし白くみせる施術の事を言います。

歯の1番表面にあるエナメル質の中には微量の有機成分が含まれており、この有機成分の色が歯の色に影響を及ぼしています。
LED照射によるホワイトニングでは、ホワイトニング材がエナメル質の中にある有機成分に作用することによって、エナメル質のくすみを取るのと同時に、その下にある象牙質を見えにくくすることが出来るのです。

主に使われているホワイトニング剤は、過酸化水素水です。
この過酸化水素水が分解するときにフリーラジカルが発生します。発生したフリーラジカルが、エナメル質に含まれている微量の有機成分を分解します。
すると分解された有機成分は無色となり、くすみが取れて歯が白く見えるようになるのです。

そして有機成分が分解されることによってエナメル質の表面にも変化が生じます。
歯に当たった光が乱反射するようになり、黄ばんで見えた表面が白く見えるようになるのです。

以上が今話題のLEDホワイトニングの仕組みです。LEDホワイトニングのキットはネットで安価で販売され、クリニックに行くよりも効果的ですので是非今日から試してみましょう。

アンテロープレッグスリマー

 - ホワイトニング