自宅でできる歯のホワイトニングにはどんな方法がある?間違った方法ではなく正しいホワイトニングの仕方を身につけてきれいな歯を目指そう

      2017/09/05

あなたの歯はきれいですか?光り輝く白い歯は清潔でさやわかな印象を与えて、好感度をアップさせてくれますね。そんな理由から、歯のホワイトニングをしたいという人が増えています。

歯のホワイトニングは基本的に歯科で行いますが、通院する時間が取れなかったり、費用が高すぎて歯科ではできないという人が多いのが現状です。
本当は歯科に行くことが確実ですが、中々そうはいかないのですね。

そこで、誰もが考えるのが自分でホワイトニングする方法はないかということ。

自分でホワイトニングできれば歯医者でやってもらうよりも安く済むでしょうし、好きな時間にできるというメリットがあります。
そこで、自分でできる歯のホワイトニングについて調べてみました。

自分で歯を白くするにはいくつか方法があります。

まずは歯のマニキュアを歯に塗るということです。歯のマニキュアは歯専用のマニキュアのことで、市販されています。
これを歯に塗って白く見せるという作戦ですね。

歯の黄ばみを根本から解消するわけではないですがが、銀歯や神経を取り除いた歯などのホワイトニングできない歯でも白くできるのです。

次にホワイトニング効果があると書かれた歯磨き粉を使うことです。
ホワイトニング効果がある成分が入っていますが、歯医者のホワイトニングの薬品ほど強い成分は入っていませんので、即効性には欠けます。

他にはリンゴを食べることです。

リンゴに含まれているリンゴ酸は歯の汚れを落とす効果がたかいです。

白く輝く歯にしたいと思ってホワイトニングをするのは良いですが、間違った方法でセルフケアをしている人も多いので要注意です

歯を白くしたいという人が年々増加してきています。歯のホワイトニングは徐々に普及してきているのです。

白く輝キレイな歯にしたいとホワイトニングを始める人が多いですが、間違ったホワイトニングを自分で行うことで歯を傷めてしまう人も増加しています。
歯を傷めてダメにしてしまったら、ホワイトニングどころではないですよね。

健康な歯があってこそ、キレイな白い歯を目指せるのです。
ここでは歯の間違ったホワイトニングについて詳しく見ていきたいと思います。

自宅でできる歯のホワイトニングには様々な方法がありますが、信用できるものは案外少ないのが現状です。

できることなら歯医者でホワイトニングしてもらうことが最もよい方法なのですが、通院するのに時間を割けない人や金銭的に無理な場合もありますよね。
そんなときに自分でホワイトニングできる方法を試してみたくなります。ですが、自分で行うと歯を傷つけてしまうことも少なくありません。

よくありがちなのが、歯を力いっぱい磨くことです。
歯を力いっぱい磨けば汚れが落ちて白い歯になれると思う人が多いのです。
しかし、そうすることで歯にキズが付き、そのキズに汚れが入り込んで余計に歯が黄ばんでしまいます。

間違ったホワイトニングは他にもあります。
それはレモンや重曹で歯磨きをすること。

レモンや重曹で磨くと、歯の表面のエナメル質にダメージを与えてしまいます。
メラミンスポンジで擦るというのもいけません。歯が削れてしまうからです。

 - ホワイトニング