重度の虫歯になったらどうすればいいの?歯を抜いた後のNG行動!重度の虫歯になった歯はもう元に戻らない

   

虫歯のイメージ
虫歯になった人じゃないとわからないあの激痛!虫歯になったらどうしたらいいのか?

まず虫歯になると必ず起きるのが激痛です!
虫歯になって激痛が起きている状態ではかなり重症化しているケースです。

歯の内部から歯茎まで虫歯が進行し歯を復旧する手立てがありません。

そこで重度の虫歯になった場合は、その虫歯自体を抜き取ってしまう他ありません!
小さい頃虫歯になると歯が無くなる!と言われ続けてきたのは多分この為なのでしょう!

こうなっては手遅れです。素早く歯科へ行って歯を抜いてもらいましょう!
歯を抜くのが嫌だと言ってそのまま放置だけは絶対にやめましょう!
命の危険に晒される可能性が高くなります!

歯科で治療を施してもらっても地獄の痛みは当分続きます。
歯を抜いた後は必ず数時間後の食事や飲食を控えるように言われます。

歯を抜いた後の食事についてですが、口にしてはダメな物は刺激のある食べ物です。
辛いものがそれに当たります。唐辛子や香辛料などになります。

また、お酒は絶対に飲まないようにしましょう!
出血などがひどい場合は抜いた場所に清潔な布などを挟んで何回か軽く噛むと良いでしょう!

また痛みなどがひどい場合は処方された痛み止めなどで抑えるほかありません!
歯を神経から抜いてしまったので出血がかなりひどくなる可能性があるため、血の巡りが良くなってしまうお風呂などは3日ほど避けるほうが無難です!また激しい運動なども極力避けましょう!

人間の歯は一生に一度のものです!重度の虫歯にならないためにもしっかりと日頃からケアを怠らないように注意しましょう!

ガムを噛むことは虫歯予防になる?キシリトールの成分、効果とは?食べ過ぎには注意!

昔からよくガムを噛めば虫歯予防になるよ!とずっと言い続けられていますが、実際には本当に虫歯予防になるのか?

ガムを噛んでいる少女

ガムに含まれている成分にキシリトールという成分があります。
これはガムなどに含まれていて、実は歯磨き粉などにも含まれている成分です。

実際にキシリトール事態には虫歯をやっつける効果はありません。
ではなぜ虫歯予防にいいと言われているのか?

キシリトールには甘味成分が含まれおり、虫歯の原因になる酸を発生させません。
更に、酸を中和してくれる唾液の分泌を促進させてくれます。
よく歯磨きをしていると泡と唾液が大量に口の中に溜まることはありませんか?あれがキシリトールの効果なんです!

ガムもよく噛んでいると唾液の分泌が発生します。これが虫歯予防に繋がるとされている由縁です!

では毎日ガムを噛めば虫歯になりにくいんじゃ・・・?

確かに毎日ガムを噛み続ければ虫歯になる可能性は下がります。
しかし、甘味成分など色々な成分が含まれていますので食べ過ぎによる体調悪化や最悪糖尿病などを発症するケースもありますので、適度に摂取することが望ましいです。

ガムなどはで歯磨き要らず!と言われてるときもありましたが、歯磨きはしっかりと行いましょう!
あくまで、予防法の1つとしてガムを噛むというのを頭に入れて置きましょう!

ガムを噛むタイミングは何処がいいのか?

1日にガムを噛むのは5粒ほどにしておきましょう!

噛む時間帯は朝食後、昼食までの間、昼食後、夕食までの間、夕食後の5回のタイミングが良いでしょう!
寝る前に噛むのは絶対にやめましょう!寝る前は歯磨きをして寝るのが一番効果がいいです。

 - 虫歯